終活のイエ【クリップ】

エンディングノート作りや家族葬儀の希望の表し方などをサポート

通夜、葬儀、告別式の流れ

突然訪れるお葬式のために

訃報はいつ訪れるか予測かつかないので、準備しておくのは難しいです。
いざというときのために、マナーなど覚えておくことが大切です。
以下で簡単に最低限の対応方法と常識・マナーを紹介します。

訃報に接しての対応

訃報の連絡を受けたら、お悔やみの言葉を簡潔に述べ、すぐに駆けつける場合はその場所を聞きます。
死因などあれこれ尋ねるのはやめましょう。
確認することは亡くなったのは誰か、通夜・葬儀・告別式の日時と場所、宗教・宗派、自分が行く時間をしっかり聞いてください。

東京では半通夜が一般的です

お通夜に対してはすぐに駆けつけるのは、ごく親しい人に限ります。
この場合、喪服は死を予期していたかのようで失礼にあたり、地味な色のスーツなどを着用します。
通夜はこの世で死者と過ごす最後の夜のため、親族や親戚などが夜通し遺体に付き添います。
最近では夕方6時ごろ始まり、9時ごろには終わる半通夜が一般的です。
お通夜(仏式)の進み方として受付→着席→読経→焼香→通夜ぶるまいとなっています。

お通夜、葬儀と告別式の違い

家族葬での葬儀には遺族や親戚、親交の深い友人が参列します。
告別式は故人と縁のあった人が最後のお別れをします。
最近は葬儀と告別式を区別しないことが増えています。
葬儀・告別式(仏式)の進み方として受付→読経→弔辞・弔電の紹介→焼香→喪主の挨拶となっています。
通夜と告別式、親しい間柄なら全てに出席します。
深い間柄ではない場合、告別式のみ出席します。
しかし葬儀や告別式は昼間に行われるので、仕事の都合で出席できない場合、代わりに通夜に出席する人が増えてきました。

香典の包み方にも違いがあります

香典袋は宗派によって違うので、相手の宗派に合わせましょう。
弔事のときは、のしなし結び切りの水引きを使用します。
キリスト教式の場合、水引きがない香典袋を使用してください。
他にも香典の金額の目安や焼香時の数珠の持ち方、焼香の作法などマナーがあるので、恥ずかしくないよう知っておきましょう。

終活虎の巻記事一覧