終活のイエ【クリップ】

エンディングノート作りや家族葬儀の希望の表し方などをサポート

家族葬という形式のお葬式

家族と近親者で故人をおくる家族葬儀

家族葬という葬儀をよく聞くようになりました。
家族葬とは家族や親せきなどごく親密なお付き合いがあった人だけを招いたお葬式のことを言います。
故人へのご家族の思いや経済的な家計事情そして義理や付き合いを避けたい時、家族葬を希望される方が多いのです。
本来、お葬式はこうしなければならないと決められているわけではなく、家族の希望を一番に組み入れ形式にとらわれずに規模や予算に合わせた自由なお葬式の形式を作っていくことが重要なのです。

なぜ遺族は家族葬を選ぶのか

現在の家族構成は核家族化していることや、経済情勢から葬儀という場面におかれても費用の負担を抑えた経済的なお葬式が望まれているのが現状に多いのです。
今や家族葬はたくさんの皆様に求められています。
大事な人を亡くした直後で、お葬式の準備をしなければいけませんので、遺族にとって大変なことなのです。
やはり、あまり費用をかけずにこじんまりとしたい、医療費の出費が多いので葬式にかけるお金がない、故人と遺族だけで落ち着いた場所でお別れをしたい、義理や付き合いのお葬式にしたくない、と皆様理由については様々です。

密葬とは異なる家族葬という形式

葬儀社により、密葬と言うこともあります。
大切な個人への家族の思いを大切に一番に優先し、ご家族を中心とした人数で思いつくまま自由に故人を見送るお葬式を家族葬、密葬と考えます。
葬儀社の数は、数えきれないほどあるのです。
不安を残したまま、やり直しのできないお葬式を任せることはできないのです。
良心的な葬儀社であれば、より詳しく要望や事情を遺族側の思いを汲み取ろうとする姿勢を持ち、経験上からのアドバイスも含めて、相談する遺族に良い葬儀内容を提案して、頂けるでしょう。
町屋斎場で、どのようなお葬式にしたいのかしっかりと、葬儀業者に伝えることは大切な事なのです。

終活のイエ【クリップ】新着記事一覧